現物株にはどのようなメリットがあるのか?

そもそも、現物株とはどのようなものなのでしょうか。

現物というのは、文字どおり実際にあるもののことです。株取引の場合は、売買するときに受け渡しができる有価証券のことを指します。この有価証券を直接取り引きすることを、現物取引といいます。
株取引に関する参考にアウトライト取引が分かればFXで損知らずもご覧ください。

fxoption.net/rank/highlow-australia.htmlや一般的にイメージするような株取引は、現物株を取引しているものと考えておけば間違いありません。

では、この現物株にはいったいどのようなメリットがあるのでしょうか。

基本的に、現物株を取引することで得られる利益には、値上がり益、配当、そして株主優待の3つがあります。

値上がり益というのは、言うまでもなく株価が上昇したときに差額で得られる利益のことです。これについては、外為オンラインの口コミをみても、ほかの投資でもだいたい同じことなので、あまり説明の必要はないでしょう。
参考web>>fxgaido.com/tesuto/highlow-net-review.html

現物株ならではの利益といえるのが、配当と株主優待です。

配当というのは、企業が利益を出した場合に、その一部が株主に還元されるシステムのことです。1株あたりにいくら支払われるかが決められていて、多く持っていればそれだけ多くの配当金を受け取ることができます。

たとえば、1株に10円の配当金がつくとすると、1万株を持っているだけで10万円の利益が得られることになります。

配当が出るタイミングは、多くの企業では第二四半期と本決算の年2回となっていますが、場合によっては年1回であったり、年4回であったりと企業ごとに違いがあります。

一方、株主優待というのは、一定数の現物株を保有していたいた場合に、その企業からさまざまなサービスが受けられるというものです。内容は企業によって大きく異なり、たとえば無料券や割引チケット、またオリジナルグッズがもらえるといったものまで、さまざまです。

日本では、海外にくらてべても多くの企業がこの株主優待を用意しているので、投資家にとっては見のがせないポイントといえます。長期取引を行う人には、ほとんどこの株主優待だけを目的としている人もいるほどです。

配当も株主優待も、どちらも受け取るには権利確定日にその株式を保有していることが条件となります。売却するとしても、権利を確定してからであれば問題なく受け取ることができます。

また、現物株には経営参加権があるものもあります。それによって利益が直接得られるわけではありませんが、株主総会に参加して自分の意見を経営に反映させることもできるのもメリットのひとつといえるでしょう。