投資の初心者にはまず現物株式がおすすめ

現物株式というのは、実際に受け渡しをすることができる有価証券のことです。これを取引することを現物取引といいます。簡単にいえば、一般的な株取引は現物取引だと考えておけばよいでしょう。

これに対して、証券から有価証券を借りて取引するという信用取引というものがあります。

こちらは、投資家自身が株式を保有していなくても売買できるでの、先に売っておいてからあとで買い戻して返却する、という方法も取ることができるようになります。これを、空売りといいます。高く売って安く買い戻せばその差額分が利益になるので、信用取引では株価が下がっても儲けることができるようになります。

つまり、信用取引のほうが現物取引にくらべてそれだけチャンスが大きくなるといえるわけですね。

ただし、もし投資を始めたばかりの初心者であれば、まずは現物株式で取引をすることをおすすめしたいと思います。

それには、いくつかの理由があります。

まず大前提として、現物株式の場合は自分の資金より多くの株式を購入することはできません。たとえば10万円分の現物株式を買ってそれが0円になってしまったのだとしても、あくまで損失は資金の10万円だけです。

ところが、信用取引では資金の3倍まで株式を借りることができます。これによって利益も3倍になるわけですが、当然損失も3倍になるリスクがあります。先ほどの例でいえば、10万円の資金で借りた30万円の株価が0円になるので、マイナス20万円の損失となるわけですね。

もちろん、これは借金というあつかいになってしまいます。

そもそも最初の段階で株式を借りるということは、その時点で借金をしていることと同じことです。そのため、信用取引の口座を開設する審査は、現物取引よりも厳しくなっていることがほとんどです。

リスクが少なく、手軽に始められる。この2点を考えただけでも、現物株式が初心者にとってあつかいやすいということが分かるでしょう。

また、現物株式を取引するさいのメリットも見のがせません。たとえば、現物株を保有していると、多くの企業では株主優待を受けることができます。安定した企業の株を長期保有しておけば、初心者でも株価の動きをほとんど気にせずに配当や株主優待だけで利益を得ることも難しいことではありません。

株取引というのは、とにかく投資家の思いどおりにいくものではありません。思わぬ変動が起こったときなどには、とても冷静なコントロールが必要となります。初心者の場合は、まずはリスクの少ない現物株式で取引自体に慣れるようにしましょう。