現物株と空売りについて知っておきたいこと

株の投資は、現物株を取引する方法と、信用取引の2種類がありますが、普通株をやっているよ、というのは前者の「現物株の取引」を意味しています。現物株ですから、実際に存在している「株」を取引することになります。つまり「株を買う」ことから取引を始めるということです。対してFXなどの投資では「売りから」取引を始めることもできるとされています。さて、株取引では「売り」「空売り」からスタートすることはできないのでしょうか。


空売りとは何でしょうか

まず空売りとはどんな取引方法なのでしょうか。株の信用取引においてこの空売りを行うことができるのが特徴であり、残念ながら現物株の取引における空売りはできません。空売りでは、投資家である私たちがまずは証券会社に「株を借りる」ことから始めます。そしてその借用株を市場で売るのが「空売り」です。手元には架空の借用株があり、これを売るので「空売り」というわけです。


空売りから利益を出すには

例えば10万円で借用株を売った=空売りしたとしましょう。その後、株の値が下がり8万円になった時点で買い戻します。となるとこの時点で2万円の利益が出ることになります。そして借用株を証券会社に返すという流れになります。気をつけておきたいのはその逆もあるということ。株価が10万円から12万円に上がった場合、10万円で空売りし結局12万円で買い戻すことになってしまうと、2万円の損失が出ることになります。


下落相場でも取引チャンスがある

現物株取引の場合、株価相場が下落傾向にあるタイミングでは利益を得るチャンスが少ないので取引自体に参加しないという選択をする傾向があります。しかし空売りができるとなると、そんな局面においてもチャンスになることがあるのです。現物株での取引では空売りはできませんが、信用取引ならこれが実現できます。


現物株と違い信用取引には様々な制限も

信用取引の場合、取引期間の期限が決まっていることや、取引にかかる手数料などの面でも現物株取引よりも多くなるなど、様々な点で異なる部分があります。また空売りに対するリスクはかなり大きくなる部分もあります。現物株の場合、株の価値が下がっても100円なら0円まで下がり損失は100円ですが、空売りの場合、100円で空売りした株が1000円、1万円と上がることもあるわけです。となると買い戻し時に100円が1000円、1万円と損失が甚大になることもあります。ですので実際に取引する場合には注意が必要です。