現物株市場が開かれている時間帯とは?

現物株市場というのは、実際に有価証券の受け渡しが行われる市場のことをいいます。すべての株取引がそれに当てはまるのではないかと思うかもしれませんが、株取引には現物株取引以外にも、オプション取引やデリバティブのように実際には株式をやり取りしないものもあります。

現物株市場がそれらと大きく異るのは、市場が開いている時間帯にしか取引することができないという点です。この、取引ができる時間帯のことを立会時間といいます。

たとえば、日本国内でいえばもっとも大きな東京証券取引所の場合、平日の午前9~11時の「前場」、午後12~15時までの「後場」が立会時間となります。

日本には東京証券取引所以外にも、名古屋、札幌、福岡で市場が開かれていますが、後場が15:30分と少し長めなくらいで、あまり変わりありません。また、これらの証券取引所は、東京証券取引所にくらべて上場企業が少ないという点もあります。

このように、現物株市場というのは多くのサラリーマンにとって、かなり取引しにくい時間帯に開かれているのです。休日はもちろん、昼休みのちょっとした時間に行うということもなかなかできません。

では、いったいどのようにすればよいのでしょうか。

ネット証券には、立会時間以外でも注文を24時間受け付けているところが多くあります。もちろん、注文が実行されるのはあくまで次に市場が開いてからのタイミングとなりますが、ここで指値注文などを設定しておけばある程度自由な取引ができるようになるでしょう。

しかし、なかにはどうしても自分で株価の動きを確かめながら取引したい、という人もいると思います。そのような場合は、私設取引システムで夜間取引を行うことができる証券会社もあります。このようなシステムをPTSといいます。

ただし、PTSはどうしても取引数が少なくコストが高くなってしまうので、残念ながら現在ではSBI証券でしか取りあつかっていません。

ほかにも、外国株取引を利用するというてもあります。現物株市場は、基本的に世界中で開かれています。日本時間では夜間でも、現地では活発に取引が行われている市場があります。ロンドン市場やニューヨーク市場を利用すれば、夜間から早朝まで取引を行うこともできます。

外国株取引口座を開設する必はがありますが、それほど難しい手続きではありません。

現在では、世界中で多くの新興国が大きな成長を遂げています。先進国以外にも注目していけば、さらに利益を得るチャンスは広がっていくでしょう。