現物株取引と信用取引にはどのような違いがあるのか?

現物株取引というのは、実際に受け渡しができる株価証券そのものを取引する方法のことです。このように言うと難しく聞こえるかもしれませんが、ようするに一般的にイメージする株株取引はこの現物株取引だと考えてください。

これに対して、実際には株を保有していないのに取引ができる、信用取引という方法があります。これは、資金を担保にして証券会社からまず株を借りるという形を取ります。もちろん、借りたものなのでいずれは返さなければいけません。

この信用取引のメリットは、何といっても自分の資金より多くの株を取引することができる、という点です。株取引の場合は、資金の3倍まで借りることができるようになっています。

つまり、利益が出た場合には通常の3倍にもなるチャンスがあるわけですね。もちろん、損失が出た場合も3倍となるので、資金よりも大きなマイナス、つまり借金を背負ってしまうというリスクもあります。

もうひとつの大きな違いは、信用取引の場合は空売りをすることができるという点です。

株式というのは、そもそも保有していなければ売ることができないので、かならず現物株は買うことからスタートします。しかし、信用取引では証券会社から株式を借りているので、まず売ることからもスタートできるのです。

現物株の場合は安く買って高く売るのが基本ですが、この空売りの場合は高く売って安く買う、というように順番が逆になります。つまり、株価が下がっても利益を上げることができるようになるわけですね。

このように、現物株取引とくらべて、信用取引は投資家のチャンスの幅がとても広くなるのが特徴です。

もちろん、デメリットもあります。現物株取引は取引しなければいっさいコストはかかりませんが、信用取引はあくまで借りているので、保有している間にも金利がかかってしまいます。また、自分名義の株ではないため、株主優待を受けることもできません。

配当については、信用取引でもそれにあたる配当落調整額が支払われます。ただし、あくまで配当金そのものではないので、税制で控除を受けることはできません。また、売りから始めた場合には、投資家が証券会社にその分を支払うことになります。

ほかにも、現物株取引は手数料が高め、信用取引は一部非課税となるNISA口座が利用できない、といったそれぞれメリットやデメリットの違いがあります。

このような特徴をしっかり頭に入れておけば、より効率的な組み合わせで利益を得られるようになるでしょう。